Chocochiptime

拾い猫「ちょこちっぷ&ナナ」の生活ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEROES シーズン2 と 猫 #2

こにゃにゃちは

今日も相変わらず蒸しますなぁ~。

さてと、8/5 ヒーローズシーズン2#2が放送されました。
午後9時からなので、いつもちょこママは録画して、夫息子が寝てから一人で見てます。

さてさて、先週の続き。

アイルランドのコンテナの中で発見されたピーター。
わけのわからないピーターを悪人たちがほっとくわきゃない。
コンテナからどっか飲み屋みたいなところの事務所に連れて行かれて、椅子に縛り付けられている。
んで、ipodのことをまたしつこくピーターに聞く。
でも、ピーターはさっぱり、ちんぷんかんぷん。
悪人たちは、ピーターをぶん殴る。 ヒドイ!

nana164.jpg

悪人たちのかわりに、今度は悪人たちのボスの妹だという女がきて、ぶん殴られて血だらけのピーターの体を拭いてくれた。
その妹曰く、今回の取引相手はヤバイから、ちゃんとブツ(ipod)を渡さないと自分たちの身が危ないらしい。だから、早く知ってることをしゃべっちゃった方がいいよ、って性格良さゲな感じで言う。
でも、ピーターは何にも覚えちゃいないのだ。自分の名前さえも。
ふと、妹がピーターには傷がないことに気づく。
あれだけ殴られたのに、なんでや?? おかしいやん!
これにはピーター自身もビツクリ!

そのうち、悪人の兄ちゃんたちは外出。
妹が一人でいると、別のやつらが入ってくる。
奥の事務所でピーターは後ろでに椅子に縛り付けられているが、何とか解こうと悪戦苦闘。
精神統一したら、縄がぱらっと解けた。
別のやつらはピーターがいることには気づいていない。
そのうち、やつらは妹に手出し始める。
ピーターは窓からとんずらしようとしたけど、妹のことが気になって結局助ける。
別の男たちをカメハメ波みたいのでふっとばし、念力でふっとばした。
その様子を目にした妹はまたまたビツクリ!!

その後、戻ってきた悪人たちも妹から事情を聞いた。
ピーターがやっつけた男たちはギャングの大ボスの息子らしく、ますますマズイ状況になったらしい。
こうなったら、息子を痛めつけた代わりに大ボスに大もうけさせてご機嫌取りしないとマズイらしい。
ピーターの能力を知った悪人のボスは犯罪に手を貸せと言う。
つまり、盗みに手を貸せって。
ピーターはきっぱりと「いやだよ」と断る。
したら、そのボスってば「おまえはピーターっつんだろ?」って言った。
記憶のないピーターは「へっ?そうなの?」と驚く。
ボスは木箱を取り出した。ピーターがつながれていたコンテナの中にあったらしい。
その木箱の中にはクレジットカードやラブレターが入っていたんだそうな。ボスはそれを見てピーターが誰なのか知ったんだって。
なんで突然アイルランドにいるのか、記憶がないのか、その謎もはいってるんだろうか?

木箱を渡す代わりに、盗みを手伝えと迫るボス。
さぁピーターどうする?
choco174.jpg


次、クレアの続き。
朝、キッチンにくると、ママが卵をゆでてるなべの中に指輪を落としてしまったらしい。
クレアは、なべの中に手を入れて指輪をとってあげた。やけただれた手はみるみるうちに治った。
ママ「クレア、うちにもザルってもんがあんのよ。そんなことしなくていいのよ。」
そっか! ママはちゃんとあの時の記憶があってクレアの能力も知ってるんだ。
クレアは「外では自分を出さないでいるから、せめて家の中では本当の自分でいたいの!」とのたまう。
そこへパパも登場し、またクレアに軽く説教。
クレア、ちょっとイラっときた。
「パパはのんきなコピー屋の店員でいればいいけど、あたしゃ、大変なんだ!」と毒づく。
パパは「私の仕事はコピー屋の店員じゃない、家族を守ることなんだ。だからお前も十分注意してほしい」
ごもっとも。
こう言われると、クレアも反論できず。
じゃ、学校行ってきます。と新車にのって出発。

クレアが出たあと、パパとママは新聞を手にする。
新聞にはヤマガトの会長、日本人カイト・ナカムラが死亡と載っている。
パパはカイト・ナカムラが死ぬことを前もって知っていた。
なんでかっていうと、シーズン1で出ていた、未来の絵を描く画家アイザックが描いていたのだ。
んで、その絵をママにも見せた。
ママは今までのいきさつを聞いたらしく、もう隠さなくてもよくなったんだね。
パパの話では、この他に7枚の絵が存在が、どこにあるのかは今の時点ではわかんないみたい。
いずれ、全部集めたいそうである。
果たして何が描かれているのか。

クレア、学校にて。
生物?の授業中。先生がトカゲのスライドを見せながら「トカゲの再生能力」について講義。
“再生能力”のワードに俄然興味を抱くクレア。
目立っちゃダメとパパに言われたてるけど、コレだけはどうしても聞きたい。
「先生、再生能力は人間にもあるかもしれないんですか?理論上ですけど」
「例えばの話ですけど、突然変異DNAの人間がいるとしたらそういうことも可能なのではないかと・・・」とか、しくこく先生に聞くと
先生は「そういうことは大学院にでもいって真剣に研究すればいいんじゃないの。もし、論文でも書くときは僕の名前もどっかに入れてね。」とうざそうに答える。
そのやりとりをクレアの隣に座ってたウエストくんは、興味深そうに見つめる。
ウエストくんも飛ぶ能力を持ってるから“再生”などという特殊能力について興味があるんだろうねぇ~。

授業が終わって駐車場に向かうクレア。
ウエストくんが近寄ってきて「トカゲすきなんだ」と声をかける。
クレアは、適当に話を切り上げたいのだ。
そこでウエストくんは、ある本を出す。
モヒンダーの父が書いた本だ。
これ読んでみなよ。今度貸すから。とウエストくんが言うとクレアは「トカゲと遊んでなさいよ」と軽くあしらう。
リモコンキーを出して、車を見ると ない!
駐車場にあるはずの車がない!

パパの職場「コピー屋」
クレアが来たのでパパはニッコリ。
クレアはバツが悪そうにパパを見る。
パパは、クレアの表情を見て「まさか」と最悪の事態が頭をよぎる。
クレア「ごめんなさい。車盗まれちゃったの。ロックするの忘れたみたい。テヘッ」
パパ「なんだ、そんなことか。」
パパにとっては車よりもクレアの秘密を守るほうが大事なのだ。

パパはクレアをバックヤードに連れ行って話しを続ける。
クレア「私の手足をちょん切ったらトカゲみたいにまた生えてくるのかな?それに私の能力で人助けができるんじゃないのかな? 例えば、やけどを負った人も私の血液とかを輸血すれば治るとか。」
と興奮気味にいうクレア。
パパは冷静に「それが怖いんだよ。秘密が明るみになったら、きっとお前は実験されるだろう。自分で言うように切り刻まれるんだ。そんな目にあいたいのか?パパはお前をそんな目にあわせるわけにはいかない。窮屈な生活をさせてると思うけど、これが最良なのだ。」
ごもっとも。

ちょっとここでヒロの続き
戦国時代のオーツ村(字幕だとオツ)
先週「俺は酒が飲みたいの!」とヒロをぶん殴り去っていったガイジンkenseiを探すヒロ。
なんとしてでも伝説になってもらわにゃ困るのだ。
酔っ払ってしゃがみこんでいるガイジンkensei発見。
だ~めだこりゃ! ってんで脱ぎ捨ててあるマスクと防具を身につけkenseiにへ~んしん!
こういう話になるんじゃあないかと先週からなんとなくわかったてたのよね。

多勢の悪党一味に一人挑む刀鍛冶屋の娘ヤエコ。
こりゃ、無理だわって思ったところに、kensei現る。
時間を操るヒロは多勢だろうが飛び道具持ってようが、関係ない。
「ん!」と時間をとめて、悪党の刀や弓矢を巻き上げる。
悪党たちは魔法を見てるような気になる。
この理解に苦しむ魔法に恐れをなして悪党一味は退散。
それを見ていたヤエコは「kenseiさまぁ~ん」とヒロ扮するkenseiに駆け寄る。
先週ではビンタまでして「このバカ!役立たず!」だのと罵倒したのに、コロッと変わる女心。
うるうるした目でkenseiを見つめるヤエコ。
そして目を閉じキスをせがむ。 ・・・ずいぶんとアメ~リカンな戦国時代のおなごですこと!
ヤエコにマスクをとっていわれるけど、とれるわけない。ばれちゃうもん。
目を閉じてるヤエコを残し、ヒロは消える。

このヒロの場面のなんとクサイこと。
セリフは棒読みだわ、桜の花びらは舞うわ、ノスタルジックな色彩だわ。
ま、意図的なのかもしれないけど、日本てこういうイメージにいまでも見られてるんだね、きっと。
昼のメロドラマのようでした。いや、もっとヒドイかも・・・。
choco175.jpg

ヤエコを救ったヒロはガイジンkenseiのところに戻る。
ガイジンkenseiはまだ酒を飲んでいる。
ヒロ「悪党一味からヤエコを救いました。ヤエコはkenseiに助けてもらったと思ってる。みんなもそう思ってるんだよ。」
ガイジンkenseiは半信半疑。
でもそこへヤエコがやってきてうるうるした瞳で「kenseiさまぁ~ん 父の刀を使ってくださいナ」とガイジンkenseiに手渡す。
ヤエコ「じゃ、私この先の馬小屋でまってますねン♪ 早くいらしてねン♪」といい出て行った。
ガイジンkenseiちょっとやる気になってきたらしい。
んで、ヤエコの父を救うべく酒場を出た。

酒場を出たら、さっきヒロが倒した悪党一味がずらっと待ち構えていて、弓矢が放たれた。
ガイジンkenseiにブスッブスッブスッ!とささる。
あららら、ガイジンkeisei、出番はここでおしまいなのね~。
と、おもいきや
ヒロが矢を抜くと、死んだと思ったガイジンkenseiの傷が治って意識も復活。
あり?こりゃどういうこと?
クレアの能力みたいじゃないの。
わからな~い。


モヒンダー・スレシュ博士のお話。
スレシュ博士はニューヨークに来た。
それで前回登場のはげ頭の男(ボブというらしい)に会う。
スレシュ博士は「まだあんたを信用してるわけじゃあないよ」というが、ボブはあるファイルをスレシュ博士に渡す。
能力者のみが発症するというウィルスに感染した患者がいるという。
そのウィルスはスレシュ博士自身の血清でのみ助けられるのだ。
しゃ~ない、んじゃ行くかってことでスレシュ博士が出て行こうとするとボブが「死なないように気をつけろ」という。
そ、スレシュ博士の血液からなる血清でしかウィルスに勝つことができないもんだから「ちみが死んじゃったらおしまいだ」っつことだ。

ボブに渡されたファイルによると患者はハイチにいるということだ。
患者の家を見つけ中に入るとベッドに男が寝ていた。
男が振り向くとそいつはシーズン1でクレアのパパの手下?として動いていたハイチ人の黒人男だ。
人の記憶を操れるんだよね。
スレシュ博士がワクチンを打てば治るというと「おれは死にたいからこのままでいい」とつれない。
なんで?
そのハイチ人は「この能力を使って悪事を働いたからばちがあたったんだ」
スレシュ博士はなんとかハイチ人を説得してワクチンを打った。

結果、ハイチ人は治ったのだ。
スレシュ博士は「自分は組織の人間に言われて治療しに来た。治ったから君を連れて行くよ」と言ったら、ハイチ人はみたいな顔をした。
次の瞬間、ボブがスレシュ博士を呼んでいる。
ぼけ~っとするスレシュ博士だがやっと正気に戻る。
気づけば目の前にボブがおる。
ハイチ人はどこ?とボブに聞かれたがなんのことやらさっぱり。
スレシュ博士はハイチ人に記憶を消されたのだった。
ボブは「あなたが記憶を消されたってことはハイチ人は治ったってことだ。よくやってくれた。ありがとう。」と礼まで言われる。

スレシュ博士は、ニューヨークの自分のアパートに戻った。
今そこにはマットとモリーが住んでいる。
(マットとモリーの話は前回省略してしまったので今回初登場です。)
夜中らしくマットとモリーは眠っている。
そこへクレアのパパから電話がかかってきた。
クレアのパパ「うまくいったか?」
スレシュ博士「OK。ボブは間抜けなぼくにちょっとがっかりしたことだろう。でもこれからは注意しなければならなくなる。そっちはどうだ?」
クレアのパパ「順調だよ。ほしいものは君のおかげで手に入ったよ。」

なんのこっちゃ!

電話を切ったクレアのパパの目線の先には、あのハイチ人がいる。
二人はニヤリと微笑む。
なぁ~んだ、ハイチ人に記憶を消されたってのは作戦だったのね。
作戦は大成功でハイチ人をクレアのパパのもとへ渡せたってわけだ。
choco176.jpg

クレア、自宅リビングにて。
愛犬マグルスとドッグショーを見てる。
ママが来て「やめてよ。マグルスちゃんが傷つくでしょ。」というので、クレアはテレビを消した。
したら、マグルスが「なんでとめんだよ!」っぽくほえたのでクレアはまたテレビをつけてあげた。
マグルスはドッグショーに出てるポメラニアンが好きなのね。
クレアはふとテーブルの上にあるはさみに目をやる。
おもむろにはさみを手に取り、足の小指をパチン! 切っちゃった~~!
nana165.jpg

クレア「イタタタタ~」そりゃそーだろーよー。
そしたら、小指がまた生えてきたっ!
ほっとするクレア。何気に窓を見るとそこには例のウエストくん!
マズイ!彼に見られた!
急いで外に出たけど、すでにウエストくんの姿はない。
道路に例の本(ウエストくんが貸すよって言ってた)が落ちている。
一緒に外に出てきたマグルスがしきりに上を向いてほえる。

ここで また来週 って終わる。

まただいぶ省略した部分があります。ご勘弁を。




ico_cli.gifポチッとご協力お願いします
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ


スポンサーサイト

HEROES シーズン2 と 猫

こにゃにゃちは

昨日7/29から「HEROES」シーズン2がスタート!
昔から、この手の話はいまいち好きになれなかったのに、なぜか「HEROES」にはまるちょこママです。

この手の話というのは“アニメっぽくてSFっぽい”話のこと。
アニメっぽいのは、幼い感じがしてちょこママ的には好みません。
SFは嫌いじゃない。エイリアンとかは好きだけど、スターウォーズはどうも好きになれない…途中で眠くなる

って感じわかります??
nana160.jpg


とにかく、スーパードラマTVで「HEROES」シーズン2が始まったわけですよ。
シーズン1の最後、ピーターが核爆発しかけて、それを空を飛べる兄ちゃんネイサン(ネイサンなのにニイサン・・ってジョークですよ)が一緒に空に飛び立って核爆発を食い止める。

んで、その4ヵ月後からの話がシーズン2。

熱心かつ誠実な感じで講義をしているスレシュ博士。
世界に、能力を持った人間がいて彼らをある組織が殺そうとしている、だからこの事実を世界中に広めて能力をもった人たちを守ろう!って熱弁中に、はげ頭の男が講義室に入ってくる。

ご清聴ありがとうとスレシュ博士が言ったところでカメラがパーン。座席を映すと聞いている人はほんの数人しかいない。
やっぱ、この手の話は相手にされないのである。

講義を終えて階段を下りるスレシュ博士にあのはげ頭が近寄る。
能力をもった人間の存在を知っているらしい。そして彼らの情報集めに協力してほしいとスレシュ博士に頼むのだ。
このはげ頭 だれだ? 組織のやつらか?
情報集めには莫大な費用がかかるんだよってスレシュ博士。
すると、そのはげ頭 スプーン(ただのステンレス)を手に取り、砂糖を1杯コーヒーに入れた後、費用のことは心配いらないゼ!ってスプーンをゴールドにしたのだ!
なぬっ! こいつも能力を持ってんぞぉ~~。ただの手品か?

不死身の少女クレアは転校して登校初日。
パパと一緒に学校にやってきた。
組織がなくなったわけじゃないから目立つことをしないでくれ、ひっそりとこの町にとけこもう、もちろんチアリーダーはやっちゃ駄目。おまけに授業中手もあげるな。
普通の女の子のように生活してくれよってパパは言う。
クレアのことが心配なんだなぁ、パパは。

登下校用に車を用意してあげたパパにクレアは パパ大好きっ!って飛びつく。
しかし、アメリカって高校生のうちから車で登下校って どうなのよ。
とはいっても、自転車通学なんて危険だし、遠いしやっぱ車になるのかな。
nana161.jpg

一方、クレアは地味に過ごせとパパに言われても、そこは10代の女子。ちょっと不満気味。
パパにバイバイし、学校に戻ろうと振り返った瞬間、車にぶつかりそうになる。
ぶつかったところで、死にゃぁしないんだけど、無傷ってのも変。
ふぅ~、アブねーアブねー。パパも冷や汗タラリだよ~。
運転してたのは少年。これが同級生なのよね。。
化学だかなんかの実験で遅れて隣に座ったのがこの少年。「ウエストくん」。
ま、適当に会話をしてその場を過ごすクレア。
化学の先生が「適者生存の理論を唱えたのは誰だかわかる?」って質問すると、すかさずクレアは自分のノートに~チャールズ・ダーウィン~と書く。頭いいのねクレア。
でもパパに手も挙げるなっていわれてるから、我慢してノートに書いてる。
それを隣のウエストくんに見られてるんだよぉ! クレア!気づけ!

なにをそんなに熱くなってんの?
nana162.jpg
ナナちゃん、このアングルはレディー的にNGじゃない?

nana163.jpg

クレア体育館にて。
チアリーダーたちが練習している横でバドミントンをやってるクレア。
元チアリーダーだから、やっぱ気になるのよね。
でも、パパに駄目だよ地味にねって言われてるし、仕方なくバドミントンをやってるのがよくわかる。
バドミントン仲間の一人が打ち損じて、ズルッベタッと転ぶ。そこへチアリーダーのキャプテンがやってきてその子をいじり始める。
ヒーローのクレア、こればっかりは黙って見ちゃおれぬ。
したら、チアリーダー「あの高い練習台ところからジャンプしてみなさいよ」的なことを言う。
元チアリーダーのクレア、「いいわよ! なんなら2回転ジャンプしたる!」と言い、練習台にのぼる。
こうなってくると、見物人がよってくるんだわ。
マズイ!マズイ状況になってきたわよ。
そうよ。目立つじゃないのサ!!
クレアはパパの言いつけを守って「やっぱ、できねーわ」と降参。
その様子をじっと見つめるウエスト君。彼は何者?

見物人は「なぁ~んだ つまんね」ってゾロゾロ体育館を後にする。
して体育館に一人になったクレア。
「ちきしょ~、ほんとはこんなとこからのジャンプ あたしにゃどうってことないのにぃ~」
と思ったかどうかはわかりませんが、
練習台からジャァ~ンプ! 着地 ボキッ! 骨折!
アイタタタタ~、と折れた足を元に戻す、したところでウエスト君再登場。
クレアびっくり、見られるところだった。

ちょっとここで日本人ヒロの話。
シーズン1の最後で1600か1700年代の戦国時代の京都にタイプスリップしたヒロの話の続き。
草原に到着。
ヒロを真ん中にあっちとこっちの武将たちが戦おうとしている。
そこでヒロ「大ピ~ンチ」と小声で言う。
片方は7,8人でもう片方はひとりで馬にまたがってる。
とそのとき日食が始まる。
一瞬みんな「なんだ??」って顔をするが、気を持ち直して
7,8人の方が「やっちまえぇ~~!」のごとく矢を放った。
このままいくと矢はヒロに当たる。
そこで「ん!」と時間をストップ。
一人の武将を見ると例のあのマークの旗をかかげている。
「Kensei Takezo!」

して一人の武将(Kensei)を連れ、違う場所にポンと移動して助けたのだ。
と思ったら、別人らしく、たったと逃げていってしまい、代わりに木陰から出てきたのが本物のKenseiだった。
マスクをつけボウガンをもって現れた。
ヒロは感激して「ぼく、あなたのファンです。」とかまくし立てる。
んで、そのKenseiがマスクをとる。
出てきたのは外人。

成り行き上、ガイジンkenseiとトボトボとあるくヒロ。
伝説のkensei Takezoがガイジンと知ってショックを受ける。
それに「ちょっとおしっこ」といってタチションまでする。
アヤシイ。

なんでもガイジンkenseiはイギリス人で商船にのってはるばる日本にやってきたらしい。
ヒロは自分は未来から来て、未来のあなたはヒーローなんだよ、悪党退治(?)をしてオーツ村を救ったんだ、ヒーローのはずなのに!とまくしたてる。
と、前方に燃える村が。
そ、あれがオーツ村だったのだ。

村から脱出してきたおばあちゃんに「盗賊にやられただ。なにもかも奪っていきやがっただ」と聞いて、ヒロは自分が未来から来たことで歴史を変えてしまったんだ、とへこむ。

へこむヒロの横で酒をかっくらうガイジンkensei。
ヒロが、「あなたはオーツ村を救って、村人から賞賛され、刀鍛冶屋の美しい娘と結婚するはずなんだよっ。どうしたらいいんだよー。」とか言っていると、田村英里子扮する女がツカツカと歩み寄りガイジンkenseiにビンタ! バッシッ!
あんたに有り金全部渡したのに父ちゃんはさらわれ、おまけに村に火をつけられたじゃねーかよ。どうしてくれんだ、このバカ!役立たずが!とめちゃくちゃ怒る。
ガイジンkenseiが持っている刀を取り上げ「これは父ちゃんが作った刀だ、返せ」と奪い取り、私が自分で父ちゃんを助けに行くといって走り去る。

なぬ?父ちゃんが作った刀だとぅ?
そう、この女が刀鍛冶屋の娘ヤエコなのだ。
そうとわかったらkenseiを説得し、ヤエコの父ちゃんを救いに行かなきゃ!と言うが、ガイジンkensei そんな気はまったくナッシング~。
小うるさいヒロをぶん殴り、俺は酒が飲みたいの!と言い残して去っていってしまう。

クレアの自宅。夕飯時。
犬ポメラニアンを相変わらず抱っこしてるママと弟ライル、パパとクレアの4人でディナータイム。
ママとライルはあの時の記憶があるんだろうか?
何だか会話が微妙に変。
パパとクレアは、何事もなかったかのように振舞おうとしてる。

夕食後、クレアの部屋で。
自分の携帯で誰かに電話するクレア。
出たのは父ネイサン。
本当の自分を隠さなければならず、それがツライ みたいなことを父ネイサンに言うが、ネイサンは「自分には答えを出してあげられない、すまないね」といい電話を切る。
娘に冷たい本当の父。何か理由があるの?それともそういう人間?

クレアはしょんぼりしてベッドに寝転がる。
その様子をウエスト君が見ていた。
ウエスト君をひきで見ていくと、空中に浮いてるじゃ~あ~りませんか!
そして、町の上空をぴゅ~と飛んでった。
彼は飛べるんだ。ネイサンの力と同じ。なんか関係があんのか?

アイルランドにある港のコンテナ群。
アヤシイ3人組がipodを盗むかなんかしらないけど、しきりにipodと言ってるんだよね。
コンテナ番号はわかってるみたいで、目当てのコンテナをこじ開けてみると、中は空っぽ。
懐中電灯で奥のほうを見ると鎖に片腕をつながれた男が!
も・もしや、ピーター???!!!

やっぱ、そこにいたのはピーターで、自分がだれかもどうしてここにいるのかもわからないらしい。
3人組が意味不明なピーターにイラッときたみたいで、一人の男が殴りかかろうとした瞬間、その男は吹っ飛ばされる。
ピーターは自分でもびっくりしちゃったようで、手から出たカメハメ波みたいな残像を見つめる。

来週につづく。

だいぶはしょったところがありますう。
クレアのパパの仕事場とかヒロの父ちゃんの話、モリーと警察官マット、新キャストのマヤとアレハンドロ。

来週がたのしみです。

シーズン1終了

こにゃにゃちは

今日2回目の記事です。

「ちょこちっぷたいむ」は猫ブログですが~、ちょっと今日はアメリカのドラマ「HEROES」についての記事です。
ちょこ&ナナは、まったく関係ない挿絵的に登場します

先週でヒーローズが終わってしまった。また楽しみが減っちゃった

そしてまたしても次シーズンを待つ苦しみに耐えなければならない

choco149.jpg


ヒーローズはね、最初期待してなかったんだよね。
#1を見て「何だアニメおたくのSF話か」と、イマイチな反応だったけど、
見れば見るほどはまってしまったのだ!

シーズン1の、あのへんてこりんな終わり方。
ペトレリ兄弟は木っ端微塵? でもピーターはたしか・・・。

それにサイラーはどうした?
サイラーが生きてるってことは、まだ危険は去ってないってことだよねー。

あ~気になる!

choconana199.jpg


シーズン2早めに放送してください。
情報によるとシーズン3もあるじゃないですかっ!

スーパードラマTVってほとんど見ることはなかったんだけど、ヒーローズがスタートしてから「契約しててよかった~」と思ってます。

海外ドラマ最高です。
スカパーおすすめですよー。






このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。