FC2ブログ

Chocochiptime

拾い猫「ちょこちっぷ&ナナ」の生活ブログ

ある夜の出来事



ちょっと前の話なんですが。。。


夜、外出しまして、住宅街を車で走ってました

住宅街の細い道路だったので、30キロも出していなかったのですが、
突然、猫が飛び出してきました


私はびっくりして、絶叫とともに急ブレーキを踏みました

猫を轢いてしまった・・・途端にハンドルを握る手が震え始めました

その時、バックミラーに猫が走り去る姿が見えた

だけど、大怪我をおっていても猫はその場所から必死で逃げるもの

保護して病院に連れて行かなきゃ・・・と、震えながらドアを開けようとしたら

道端で井戸端会議していたおばちゃん2人が「猫、(車には)当たってないから大丈夫よ」と言った
「あなた大丈夫? (私の)悲鳴を聞いて驚いたわよ」と。。。

私「ほんとに当たってませんでした? ほんとに?」
おばちゃんズ「ぜんぜん、かすりもしてないから大丈夫よ。猫は危ないねぇ」


今だからこうしてブログに書けますが、、あの時はホントにチビリそうでした


車の窓を開けて運転していたので、私の絶叫や悲鳴は静かな住宅街そこらじゅうに響き渡っていたらしい
絶叫したあともか細い悲鳴をあげ続けていたのだ

そして思わず急ブレーキをかけたとき、運良く後続車がいなかったことも幸いでした

とても長い時間に感じましたが、ほんの1分程(1分もない)の出来事なのです


その後、しばらくは動けませんでした。。

とはいえ、細い道路なので、後続車や対向車が来たら迷惑になるので、ノロノロとその場所から移動しました


その夜、猫が走り去る姿が何度も蘇り、眠ることが出来ませんでした

あの猫は野良だったのだろうか・・・飼い猫だったのだろうか・・・

飼い猫だったら、ちゃんとおうちに帰れたかな・・・また道路を戻るのかな・・・

野良だったら、あの道をいつも渡っているのだろうか・・・




もし、もっとスピードを出していたら・・・・

色々なことが頭をよぎります


ブログに書こうかどうしようか迷いました

完全室内飼いでも脱走という危険もあります
外に遊びに行く猫ちゃんもいる



どうか、気をつけて。



今日は、ちょこナナの出演がなくてごめんなさい














★コメントは楽しみにしています。ブログお持ちの方は、URLをご記入ください。遊びに行きますよ~w


★「 ちょこちっぷたいむ 」 は、2つのブログランキングに参加しています。
 それぞれのバナーを1日1回クリックしていただくと「ちょこちっぷたいむ」のランキングがアップします。


にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ  人気ブログランキングへ
元野良猫ブログがいっぱい♪




スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。