FC2ブログ

Chocochiptime

拾い猫「ちょこちっぷ&ナナ」の生活ブログ

尿路閉塞

ちょこちっぷが尿路閉塞になってしまいました。
ナナが元気に走り回るようになったら今度はちょこちっぷが病気に…。

ご存知の方も多数いらっしゃると思いますが、猫の尿路閉塞は死にいたるとても怖い病気です。
言い訳のようですが、最近仕事が忙しく私が家にいないことが多く、前兆があったのに気がつかなかったのです。

人間の食事は一切あげず、市販のドライフードと缶詰のみしかあげなかったにもかかわらず「どうして?」と思いました。
先生が言うには「生まれながらの体質的なもので、同じものを食べてもならない猫はならない」そうです。
それから、市販されている「尿路疾患に配慮」と表示があるドライフードは、全く意味がないそうです。
ものすごく自己嫌悪です。「尿路疾患に配慮」と表示のあるドライフードをあげてました。他にも何かがいけなかったんじゃないだろうか? とか、何かがたりなかったんじゃないだろうか?
飼い主である私の責任です。

これから食事療法が始まります。今後一生その食事以外あげてはいけないと言われましたし、市販のドライフードや缶詰も二度とあげません。
だから、お願いだから、またもとの元気なちょこに戻ってください。

関連記事

10 Comments

ちょこママ says...""
★るぅさんへ
尿路結石はおしっこをする時にとてもイタイのです。閉塞と同じようにおしっこに行ってずーっと座り続けます。
閉塞はさらに悪く、尿道が詰まっておしっこを出したくてもでなくなります。そうなると人間でもそうですが尿毒症で体全体がおかしくなってきます。
尿道結石は人間の男性もそうですが、とても痛くて苦しい病気です。
2006.07.25 23:54 | URL | #O8fglyyA [edit]
るぅ says...""
尿路結石とはまったく違うんですか?全然知識がないので驚きました。ちょこちっぷくんかわいそうですね。。。でもママさんのせいじゃないですよ。お医者様の言うとおりに治療して、きっとよくなると信じています。がんばってくださいね。
2006.07.25 22:42 | URL | #- [edit]
ちょこママ says...""
★エリックのかーちゃんさんへ
先生も同じことを言ってました。今尿を酸性にする薬を飲んでいます。
今後も、おしっこを酸性に保つフードのみの食事になります。今は食欲もなくお水しか口にしません。果たして今後そのフードを食べてくれるかどうか心配です。でも、どんなにせがまれても心を鬼にしてそれしか出さないつもりです。
もう二度と、ちょこにこんな辛い思いはさせたくありません。
2006.07.25 22:20 | URL | #O8fglyyA [edit]
ちょこママ says...""
★mamiyaさんへ
からまつ君もそうでしたよね。手術もされたんですよね。
生まれながらの体質だと医者にも言われました。
ストレスもあったと思います。発情状態だったし、去勢手術もして、そんな辛い時期にナナちゃんの登場もあって、かなりのストレスを感じていたかもしれませんね。
今はなるべく静かな環境で見守ってあげたいです。
2006.07.25 22:10 | URL | #O8fglyyA [edit]
ちょこママ says...""
★ぷにさんへ
前兆というのは、おしっこに行ってずーっと座っていたり、トイレ以外のところでもおしっこ体勢になって座ったりたり。でもおしっこがでないんです。
トイレの砂のかたまりが小さかったり、かたまりがいつもよりすくなかったりします。
おしっこの出方がいつもと違う、とおもったら躊躇なくお医者さんへ行くことがベストです。
もし夜中でも異常があれば翌朝まで待たず、救急の病院へ行った方がいいと、先生が言ってました。夜間救急を行っている病院を何箇所か調べておいた方がいいとも言われました。
私は、翌朝まで待ってしまったんです。たとえ半日遅かったとしてもであったとしても最悪の場合、命を落としてしまうとても恐ろしい病気です。
「命にかかわる怖い病気だ」って知っていたはずなのに結局私の認識の甘さがこんな結果になってしまったんだと思います。
2006.07.25 22:05 | URL | #O8fglyyA [edit]
エリックのかーちゃん says...""
あわわ…。お大事に。
「尿路疾患に配慮」っていうフードの多くは、マグネシウム(結石のもととなるものと結びつきやすい)が下げてあるだけ、というのがけっこうあります。
ちょこちっぷ君は、尿がアルカリ性に傾きやすい体質なんではないでしょうか。それだとマグネシウムが低いだけでは辛いです。
アルカリに傾きやすい猫は、ペット用のビタミンCで尿を酸性に傾かせる、という方法もあるようですが、予防策ですし、今はお医者さんの判断通り、療法食しかないと思います。
ママさんの責任じゃないですよ。気落ちしないで下さいね。
ちょこ君の病気、ナナちゃんの骨折とママさんも大変でしょうけれど、お体大事に頑張ってください。
2006.07.25 21:16 | URL | #- [edit]
mamiya says...""
なんですってぇっ?!(゚Д゚;)
からまつはねぇ、お母さんが結晶持ちだったんだよ。
体質遺伝ってのもあるみたい...
ストレスもかなり影響するみたいだし...
ちょこちっぷちゃんも不安に思ってるだろうし、
労わってあげてくださいね……
2006.07.25 16:59 | URL | #- [edit]
ぷに says...""
ちょこ君、大変ですね。。。
男の子のほうがかかりやすいんですか。
ルルは女の子だけど、アメショって尿路系の病気多いと聞いたことがあるので、気にしていつも「尿路疾患に配慮」と書いてあるカリカリあげててたのに、、、、意味がないなんてちょっとショックですね。。。
どうやって予防したらいいのかな?
今後の参考に、よかったら「前兆」ってどんなことなのか教えてもらえますか?
食餌療法、ナナちゃんもいるいまだとなにかと難しいでしょうががんばってくださいね!
ちょこ君も病気になんか負けないでね!!

2006.07.25 12:36 | URL | #- [edit]
ちょこママ says...""
★なくるさんへ
私もものすごく( ̄□ ̄;)ガーンです。
ユキちゃんは女の子ですよね。尿路疾患は断然男の子の割合が多いみたいです。でも女の子だからならない、とは言い切れません。この辺は難しいところですね。
とても怖い病気だし苦しむ姿は見てるのもつらいです。変われるものなら変わってあげたいです。
2006.07.25 01:01 | URL | #O8fglyyA [edit]
なくる♪ says...""
( ̄□ ̄;)ガーン ちょこ君、大変な病気にかかっちゃったのね。
体質にもよるものなのですか…。勉強になりました。

これからの食事療法が大変ですね~。
うちは、小さい頃は猫缶だったのですが現在はドライフード一色になってます。
『尿路疾患に配慮』…書いてあったかな?見てみよう(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ちょこ君、早く元気になってね♪頑張るんだよe-271
2006.07.25 00:03 | URL | #V6kJfOqo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chocochiptime.blog39.fc2.com/tb.php/101-55d5384b
該当の記事は見つかりませんでした。